出場予定大会

  • 3月 2日  美祢秋吉台高原マラソン
  • 2月11日  東広島ロードレース たった4キロ
  • 1月12日  玖珂桜つつみロードレース
  • 2月16日  京都マラソン
  • 2月9日   愛媛マラソン
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

トレーニング

安川ランニングコース

昨日は東広島が雪が舞って寒いので、広島市内へ出張練習に出かけた。

スタートは古市辺り。

近くのスーパーの駐車場に車を停め、安川堤防へ。

といっても安川は大きな川ではありません。堤防の上の道は幅3メートル程度。場所によってはもっと狭いところも。

堤防から向かうのは広域公園方面、折り返し地点は美鈴が丘の山田団地入口バス停。

最初は安川に沿って平坦な道を上流に向かって走ります。川もだんだん狭くなります。

4年ぶりに走る道は、こんなところにビルが!、とか、まだこのお店あった!とか懐かしい思いをさせてくれます。

長楽寺の交通科学館の辺りから坂道に変わり、川ともお別れ。

おっちらおっちら登ります。

途中左側にはユメタウンがあって、トイレ休憩。

そこから先は、アストラムラインを縫うように、くぐっては離れ、近づいてはくぐりで、やっとのことで広域公園前へ。

ここが唯一の給水箇所。

自動販売機でホットレモンを買って、半分飲んで残りはボトルごと秘密の隠し場所へ。帰りに飲みます。

五日市インター前を通り過ぎると、急な下り坂。勢いに任せて下ると五月ケ丘交差点。

ここからまた上り坂。ここからがしんどい。延々と続いて見える登りである。

ずっと登って左に曲がったところが山田団地入口バス停で往路の終わり。

ところが今は、この坂の左手の山だったところを造成中で、途中で道の右側へ渡らせられる。

思わぬところで休憩できたが、かなりのロスタイム。

信号が青になって一気に折り返し地点へ。

復路は、五日市インター手前を除けばほとんどが下り坂になる。

ところがこのコース、帰りの方がつらい。

来た道を下るのだが、腕を振ってリズムを刻まないと脚にビンビンくる。

目安の交通科学館を過ぎて、安川沿いに戻って平地になった時には、脚が突っ張ってくる。

何度も走ったコースなので、距離の目安はあり、残り4キロ、3キロと言いながらゴールまで何とか走った。

2時間58分。

4年前は2時間40分くらいで走っていたので、20分遅れ。

脚はフルマラソン後のように痛い。

齢かな?練習不足かな?取り敢えず走れてよかった、など思いながらストレッチ。

以前2度スタミナ切れで歩いて帰った事もあるので、取り敢えず完走で満足。

ふらふらしながらスーパーのトイレで着替え。

そして駐車場をお借りしたお礼に、チョコレート2つ(少ない?)を買いました。

このコース実は練習には効果的なコースなのだが、歩道は悪いし、車に注意が必要。

でもちょっとない面白いコースです。

予定通り、ゆっくり長い距離を走れたかな。

3時間走

久し振りに、3時間走

往路も1時間半、復路も1時間半でぴったり3時間

しかし、走った距離は間違いなく復路が長いはず

往路は、まだ日が照って暑くてへろへろで走り、長ーい上り坂もあっての1時間半

西高屋経由高屋の坂を上って蕎麦屋で折り返し

復路は、なだらかな登り勾配だが基本は下っていく1時間半

造賀の交差点を右に入って八本松経由で西条まで

結局何キロ走ったか分からないが、28キロは走ったはず

職場の女性から幽霊の話を聞いているので、暗くなったら走らないと決めた高屋の坂、迂回したつもりが、かえって遠くなってしまった

でも、家に帰っての水風呂が気持ちよかった!

ビールを飲むと最近調子が悪いので、ノンアルコールビールを1本

夜は、またもや熟睡できませんした

何故でしょう?

よれよれ

昨日予てから考えていた国道375を走った。

予定では、家から福富ダムへの往復コース。

途中の高屋の長い坂があるので鍛えられるだろうと思っていた。

予定では往復28キロ。

が、あえなく往路の12キロでギブアップ。

そこからは歩いたり、てくてく走って3時間30分。

夕方5時前に出たが、帰ったのは8時半ごろ。

すでに真っ暗。

街灯のない375は怖いです。

今度は朝の明るくて涼しい時に挑戦します。

久々の長時間(長距離ではありません)に疲れました。

中野ジェームス修一さん

中野ジェームス修一さんの「ヒザ、腰、肩の痛みは自分で消せる」を読んでいる。

今、ヒザが終わり、腰の構造まで進んでいる。

これまでの驚きは、筋肉は30歳から1年で1%づつ減少するということ。

50歳では30歳時に比較して20%も筋肉が減少する。

70歳では40%。

もちろん、筋力トレーニングなど、何もしなければ、ということだが。

また、筋肉を鍛えたらその効果は48時間はもつということ。

ということは、48時間後には鍛えなければならない。

私でいえば、走らなければならない。

2日は休みを入れてもいいが、3日は空けてはならない、のスタイルが崩れてしまった。

結局、1日置きの練習が最低条件となる。

1週間も空けると元に戻ってしまうのではなかろうか。

実際1週間に1回の練習では効果が出ないとのこと。

そして、一度落ちた筋力を元に戻すには2~3ヶ月かかるらしい。心肺能力は意外と速く戻るのだが、差があるので、急に練習量を増やすと脚の故障につながるとのこと。

中野氏には、2005年に北海道マラソンの前夜祭で会っている(観ている)。

実際にランナーのモデルを使っての筋肉に関する講演だった。

今、トレーナーを依頼しようとすると、数年待ちだそうだ。すごい人に会っていたのだと、今更ながら驚いた。

その時の資料は大切に持っている。

脚の筋肉は、柔らかすぎず硬すぎず。

これだけはしっかり記憶している。

2部連

と言うのかどうかわかりませんが、昨日は朝と夜と2回で20キロ。

大した距離ではありません。

しかし、昼間は痛烈に眠く、心臓にピリピリ痛みが発生。

もしかしたら、胸の筋肉、気管支かもしれないが、寝たら治った。

と思ったら、夕方には何故か、ハムストリングスに痛みが発生。

月曜日にはなかった痛みなので、朝の練習のせいか? 

結局分からず。

夜は、12キロを楽に走ろうと思ったら、

8キロ地点でターゲットのランナーを発見。

息を切らしながら追いかけて追いかけて、追いつくかと思ったら、

横道に逃げられた。

何だかすっきりしない1日だったが、取り敢えず20キロ走りました。

やっぱし、自己記録3時間14分50秒を60歳までにもう一度更新したい。

練習量としては、長距離走が少ない。

長い距離を走る時間がないのと、以前のような長い坂道がない。

なんとか来年あたりで、新記録を作りたい。

というのも、今回のサザン・セトで、坐骨神経痛が出なかったから。

今までのレースは必ず出ていたが、今回はなく、それがしっかり走れた、

という印象になって残っている。

今週は東広島ロードレースがあるので、競技場まで走って行って戻れば、

その日18キロは走ることになる。

こんな事をして、距離を稼ごうと考えている。

電子カルテ本番、2月14日です。

左足

昨日、お約束通り15キロを走りました。

調子は悪くありません。

最初はゆっくり、3キロくらいで一旦500mをスピード走、それから坂ですが、息を整えながらペース走へ。

途中に長い坂があっても足はへこたれなくなりました。息は上がりますが…

しかし・・・左足の動きはやはり変です。

スピードを出すと、左足がついてきません。

椎間板ヘルニアのせいでしょうか?

なんだが走りがぎくしゃくします。

100メートル走はできそうもありません。

成果は10キロのレースで出ると思いますが、練習日はどんどん少なくなってきています。

どうなるのでしょうか?

今やっと仕事が一段落して、帰ろうとしています。

7月の3時間走

昨日の夕方7時から3時間走。

なんとか走って2時間58分で終了。

今回は2時間6分で1回目のギブアップ。2回目が2時間23分で歩き。

暑いというよりはエネルギー切れで体力が持たず。

腹に力が入らないので水をがぶ飲みして走った。

これがいけなかった?らしい。

なんとか走り終わるといつものようにストレッチ、入浴。

ところが、めまいがして立っているのがつらい。

熱虚脱の症状。

これは涼しいところで横なれば回復するはずだが、家で横になってもつらい。

もしかしたら、熱けいれんの傾向も?と思って味噌汁を飲んだ。

熱けいれんは塩分不足。汗をかいて水ばかり飲むと起きる症状。

横になってしばらくするとなんとか立って歩けるようになった。

その時刻12時過ぎ。

過酷な3時間走だった。

江津のハーフが恐ろしい。曇りか雨であって欲しい。

右足

昨日、今日と走らない。

気分が悪いから走らない。理由は仕事上のこと。ランニングに当たっても仕方ないのだけれど。帰ってすぐビールを飲む。

一昨日は11キロ走った。火曜日に3時間走をしたので、ゆっくり、と思ったが、いつものががら11キロコース。だんだん力が入ってきた。

いつもの様に結構力を入れて走っていたが、どうも右足の動きが遅い。

右足のつま先が外側から入って着地している。

5年くらい前に右足付け根が痛くなったが、その時と同じような動きをしているのに気がついた。

今痛いわけではないが、こんな大振りをしていては腰も疲れる。

そこで、気持右ひざを速く前に出すように変えてみた。すると膝を前に出す時につま先を上げてしまうのか、足首の前の筋肉が痛くなった。

プラス左脚へのショックが大きくなったように感じた。

椎間板ヘルニアを患った時、左脚が痛くなって、しばらく庇って走っていた。

この癖が残っていたのか、と考えたが、速いスピードで変更するのはチョット不安だ。

故障するかもしれない。

試してみるには、ゆっくり走った方がいいと考えた。(当たっているかどうか?)

とりあえず、日曜から試してみることにする。

もしかしたら身体の左側のどこかが痛くなるかもしれない。そこが単に弱っている所ならいいのだが。

と、ここまで書いて、ふと気がついた。私が机について椅子に座る時、右膝を右側の引き出しの前面に当てて、足を開いて斜めに座っている事がある。

もしかしたらこの癖が足に残っているのかもしれない。今、真正面に向かうようにした。

特に違和感はないが、気をつけよう。椅子に座ってもランニングの訓練ができるというくらいだから。

でもその方法は知らないけど・・・。

6月の3時間走

昨夜8時前から3時間走開始。

途中から雨が降ってきて絶好のコンディション。暑くない。

しかし、2時間7分、予想外のエネルギー切れ。腹減って気力が切れた、

3分歩いたらお腹に力が湧いて来たので、再びラン。でもトボトボラン。

すると2時間27分で再びエネルギー切れ。今度は10分歩いた。

あとはよろよろラン。坂を上って家にたどり着いたら11時を過ぎていた。

3時間走達成!といえるかどうか。

走る前にヨーグルト2つ、ヴァームコップ1杯では足りなかったようだ。

風呂に入ってもウトウト。しかし今日の休みは使えた。

もし今日の午前中に走っていたら、午後は何もできなかった。

次回も夜の3時間走でいく。また雨が降ってくれ。

しかし、臀部から腰はやっぱり痛くなった。まだまだ。

明日はゴルフ

実は日曜日にゴルフの練習をしました。

近くのホテルが経営する練習場で、打ちっぱなしで3時間、1200円。

安いと思いません?

失敗も含めて、300球打ちました。コースに出たときの約3倍です。

最終的には、左手、右腕が痛くなって止めました。

2時間ぐらいしか打っていません。プロはもっと練習するんでしょうね?

でも初めて考えながら打ちました。何故なら、私以外誰もいなかったから。

ゆっくり考えながら打てました。開眼です!

今までなんて考えずに打っていたんでしょうか。

こんなことって時々ありますよね。

ランニングも同じかもしれません。ただ走ってるだけでは早くなりません。

色々工夫しながら、効率の良い走り方、筋肉の鍛え方を考えなければいけないのかもしれません。

これに関して今シーズンに得た教訓は、腕は体側に沿ってしっかり振って走ること。

たまたま錦帯橋ロードレース中にハムストリングスが痛いので庇って腕を振ったところ、グイッと体が前に出る感じがして、いい感じだった。

それで鳥取マラソンの時もそれを意識して腕を振ったら苦しくなっても結構走れた。

実は20代の時に意識して走っていた走り方。45歳くらいの時も意識したような。

試行錯誤しながら、結局ようやく元に戻ったことになります。たかがランニング、でも結構難しいものかもしれません。

でも考えた結果のゴルフのスコアが良くなるかどうか、それはまだ分かりません。

明日結果が出ます。

より以前の記事一覧