出場予定大会

  • 3月 2日  美祢秋吉台高原マラソン
  • 2月11日  東広島ロードレース たった4キロ
  • 1月12日  玖珂桜つつみロードレース
  • 2月16日  京都マラソン
  • 2月9日   愛媛マラソン
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

朝練

昨日の夜は帰りが遅くなって走れなかったので、今朝、迷いに迷いながら朝練をしました。

7キロ。

5時半から走りましたが、もう明るいんですね。

しかも必死になって走っているのは私ぐらい。

何だか違和感を覚えながら、今日もハアハア、ゼェーゼェー。

そうしたら、今日は仕事中も、疲れて、疲れて・・・・しんど。

やっぱり朝ランは私には向きません。

年度末でまだ帰れません。

やはり

20キロ走るのは、老いた体に悪いと判断して、昨日は11キロ。

そのため、やはり最初から、ハアハア、ゼェーゼェー。

ゆっくり走れば楽しかろうにと、もう一人の私が叫ぶ。

今日は膝から下が痛い。

でも痛いくらい走っているから早くなるかな?と考えたりするが、

あまり一生懸命走ると、お尻の調子が悪くなるし、夜も眠れなくなる。

やはりコースを変えてみようか?

信号が沢山あって、スピードを出せないコースに・・・

危うく

三連休するところでした。

昨日は、夕方になって雨が小降りになり、6時過ぎまで待ったら止んだのでいつもの15キロ。

2日休んでいるので、ゆっくりのつもりが、世羅の10キロのふがいなさを思い出し、途中で気合を入れてスピード走を入れてしまって、予定が狂った。

それでも10キロぐらいまでは自重していたが、広大付近の上り坂になると気合が入り過ぎて、ハアハア、ゼェーゼェー。

最後も抜かれたランナーを追いかけて、でも追いつけずにギブアップ。

こんなにスピードを出すのは、15キロが短くなったのかもしれない、と反省。

次は20キロ走にするか・・・・?

ますます時間がなくなる。

せら黒川明神山クロスカントリー大会

記録:10キロ 45分14秒

男子50歳代の部 5位!

初めて表彰台に上がることができました。

といっても1~3位が表彰された後、4~6位で同じ表彰台に上がっただけですが。

とにかく初めての経験なので、他の人が受賞してもお礼をしたりして、感謝!?、感謝!?

天気も良くて、走路に車もいないし、走りやすいコースでした。

ただ、クロスカントリーだけあって、アップダウンは強烈。

スタートして100mは下って、そこからが2段構えの上り坂。

最初はビビってましたが、なんとか走れました。

来年は、45分切りを目標です。

スタートはここ。

Cimg1158

ゴールはここ。

Cimg1159

会場全体の風景。

左側がスタートする道路、右側がゴールする広場。

Cimg1160   

そして、2回目の表彰状!

Cimg1161

ついに

4日間の休養となってしまった。

明日は世羅の黒川明神クロスカントリー。

10キロだからスタートから飛ばさないで行こう。

クロスカントリーは短いイメージがあって、最初からスピード競争になってしまうが、今回は自重して行く予定。

明日は実家から会場へ行き、走り終わったら三次市内へ戻って父親の礼服を受け取ったあと、車の定期点検の予定。

なんだか忙しい。

桜の花が早く咲いているので、実家の花見も早くなるかもしれない。

こちらも準備しておかなければ。

眠い

黒川明神クロスカントリーまで1週間になったので、昨夜は15キロのペース走をやってみた。

手の振りを意識して、効率よく坂を登れるようにと、鏡山の坂道、広大の坂道をぐいぐい登って帰ってきた。

取り敢えず達成感があり、ついでに映画のレイトショーを観に行くことにした。

「フライト」が観たかったので、21時前に着いてみると、21時50分からだった。

ありゃと、ココアを飲みながら、映画のチラシを読んで時間つぶし。

座っていても足が火照って、これは結構なダメージやな、と思いつつ、映画が始まったら靴を脱ごうかなどと考える。

そして映画が始まったら、やはり足が火照って気になるので、靴を脱いで裸足に。

映画は想像とは違うストーリーで進んだが、納得のエンド。

ただお涙ちょうだいとか、やったーとかいう終わりではない、静かなエンドである。

足の方も、映画を観終わった時には、火照りが消えた。

しかし、時間は既に午前様。

帰ってまたテレビを観て、就寝は2時。

今日は眠いし、体がだるい。

今日は走らない。情けない事である。

筋肉痛

火・水とまたしても連続で走らなかったので、水曜日の夜にスクワット等筋肉トレーニングを実行。

すると見事にハムストリングスの筋肉痛。

しかし、こんなに見事にトレーニングがはまるとは・・・

怠惰な練習の成果???

昨日はハムストリングスの痛みをこらえながらのジョギング。

サボっていた分も含めて15キロ。

夕べは少し寒かったが走っているうちに汗もかく程度に。

練習メニューが決まっていないので、24日のクロスカントリーはどうなることやら。

4月21日のフルマラソンもどうなることやら。

ただ距離を走っている状態なので、来週からはフル1か月前メニューを実践する事にする。

となると、今度の日曜日は何を?何キロ?

全く分かっていない。調べよ(*゚ー゚*)

花粉症

避難のため木曜日から3日間練習はお休み。

昨日は久しぶりに空がすっきりしていたので、夕方ランニング。

いつもとちょっと違った12キロを走った。

名古屋で野口も復活したし、私も復活?したい。

これから4月にかけて仕事は目白押し。

ここで走る気持ちを失わないで頑張らねば。

4月はレースも目白押し。

そういえば昨日は京都マラソン

MASAさん、どうだったろな

錦帯橋ロードレース NO2

今年はコースも駐車場も大会会場も変わり、初めて参加した大会の様で経験則が全く行かせない大会でした。

従って無謀な挑戦もせず、自分の力も過信せず、かといって控えすぎるということもなく、楽しく走れました。

問題点は速報で書いた最初のコース設定と、雨の時どうするの?という位ですね。

私の駐車場は高速を降りて直ぐの第2駐車場。そこから大会会場まではバスです。

バスも長く待つことなく乗れて、良いことは良いのですが、結構費用がかかっているので、来年から参加費がアップしなければいいが、と思いながらバスに揺られていました。

駐車場から会場までは3~4キロでしょうか。やはり歩くには遠いです。

バスの走る道からは、レースで走る道が見えていました。

Cimg1148   

さて、レース本番。

最初の3キロまでの込み具合は書きましたが、それ以降は順調。

練習で変えた腕の振りが決まって、すいすいランナーを抜いて走れました。

防府マラソン、サザン・セトで見た外国人の女性も10キロ手前で抜きました。

でもサザン・セトでは5キロ位で抜いているので、結構ゆっくりランだったかもしれません。

この女性には、防府では負けています。35キロ位で1回は抜いたのですが、その後私がペースダウンしたところで、抜き返されました。

背の高い女性だったので目立ちます。

今シーズンのライバルでした。2勝1敗。勝手に勝負してます。

また、よしか・夢・花で会うでしょうか?

話した事はありませんが、本郷アスリートクラブの女性も13キロ位で抜きました。

自分より速いと思っていたので、今日は調子悪いのかな?と思いながら。

この方もユニフォームが目立つので直ぐに分かります。

しかし男性はサッパリ会えません。迂回路が影響してすれ違えないのが原因です。

ところが18キロぐらいからは、10キロ、5キロのランナーが折り返してきて、抜かれっぱなしの屈辱。

必死で頑張りましたが、歳の差、実力の差、努力かなわず、ヘロヘロでゴール。

ゴール後は知っている人を探して立っていましたが、女性係員の人の、「何度言わせたら分かるんですか~!」にはびっくり。

計測チップの回収をオジサン係員がゴール間近でもたついて行うものだから、辺りが混雑してのこと。

来年はうまくやってくださいね。

残念なのは広島のランナー、ゆうすけさんが探せなかったこと。ゼッケンでは無理ですね。

しかし、今回知人が表彰台に立ちました。ま、良く立つ人ですが、

練習不足と言いながら、羨ましいこと。私にはまず絶対無理だから。

ということで、こっそり岩国名物「岩国寿司」を購入。でも目的はお土産です。

Cimg1149_2

時々外れもあるのですが、帰って食べたら意外といけました。

Cimg1152 

ということで、朝は寒かったけど、温かい日差しの中楽しめた大会でした。

錦帯橋ロードレース速報

記録:ハーフ 1時間34分30秒

スタート後の混雑を考えれば、納得の記録。

でも最初の3キロまでのコースは再考の余地あり。

トップ等速い選手は町中から折り返してくる時、混雑したランナーへ飛び込むことになった筈です。

不眠

最近夜眠れない。

3時頃必ず目が覚めて、それ以降はうつらうつら。

朝は最悪の目覚め。

おまけに今日は胃まで痛い。

昨日雨で走らなかったせいだろうか?

明日は錦帯橋ロードレース。

満足いく走りが出来ればいいが。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »